スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

くたばれ共同通信社

聯合ニュース: 強制徴用での死亡者に2000万ウォンの支援方針
2006/03/07 14:32
【ソウル7日聯合】日本植民地時代に強制徴用され海外で徴用期間中に死亡した被害者の家族に対し、政府は被害者1人あたり2000万ウォンを支払う内容を盛り込んだ強制徴用被害者支援案を8日までに確定する方針を固めた。
 政府当局者は7日、あす午前に韓日会談文章公開後続対策関連官民共同委員会の会議を開き、強制徴用被害者支援案を確定する計画だと明らかにした。政府がまとめた支援法案は、日本植民地時代に海外に強制徴用された韓国人約103万人のうち、徴用期間中に死亡または負傷した10万人の被害に対し金銭面で支援するもの。無事帰国した約90万人に対しては未払い賃金の支払いや医療支援など、社会福祉レベルで優遇する内容も含むという。

 強制徴用期間に死亡した場合については、海外の事例などを検討した結果、1人あたり2000万ウォン支払うと暫定決定した。8日の会議で意見を取りまとめ、最終的に支援額を決定する予定。また、未払い賃金は当時の1円を現在の120円に換算し、1990年代の台湾の事例を参考に適切な額を支援する方針だ。

 政府当局者は、「韓国政府に法的責任があると認め補償を行うわけではなく、韓日請求権協定後の韓国政府の保証が不十分だったとの認識に基づき、道義的、国民和合の意味で支援を行う」と説明した。

 政府は8日の会議で同支援案を決定後、立法予告し、公聴会などの過程を経て法案を国会に上程する計画だ。しかし、被害者団体が政府案に反対を表明しており、難航が予想される。

 韓国の聯合ニュース日本語版は、強制徴用と記述しています。官斡旋と戦時徴用を一緒くたにして強制徴用約103万人と言っているようですが、1942年からの官斡旋で約30万人、1944年からの戦時徴用では245人、これに1939年からの自由募集約15万人を合わせたとしても約45万人で、どういう計算で約103万人になるのか??という疑問はさておき、この記事が、日本の共同通信社を経由すると、下記のように変換されます。
(産経新聞の記事ですが、配信元は共同通信社です。)



産経: “強制連行”被害に240万円 韓国政府、半島外に限定
 韓国の聯合ニュースは7日、日本によって“強制連行”され、1945年8月までに朝鮮半島外で死傷したという被害者を対象に1人当たり2000万ウォン(約240万円)を韓国籍の遺族や本人に支給する方針を韓国政府が固めたと報じた。

 韓国政府当局者によると、8日に官民合同の対策委員会を開き、正式決定する。支給対象となるのは、日本によって“強制連行”された韓国人約103万人のうち約10万人で、残り約90万人については医療や福祉支援を行うという。

 韓国政府は日本側にも“強制連行”に関する補償を求める一方で、昨年の日韓国交正常化交渉に関する外交文書公開を受けて政府としての支援策を協議してきた。遺族団体からは、日本の対応が不明な状況で韓国側が先に方針を決定することに批判も予想される。(共同)
(03/07 14:27)

 かの国の聯合ニュースですら、強制徴用なのに、日本の一通信社である共同通信は、わざわざクォーティションをつけて、“強制連行”と表記しています。
 強制連行というと、あたかも首に紐でもかけて無理矢理連れてくるというようなイメージを伴いますが、あくまで戦時徴用であって応じなければ約1年の懲役に行く程度のことです。しかも、連行されるところは刑務所であって炭坑などではありません。
 新聞社に記事を配信する仕事の通信社が、このように歪曲をし、イメージ操作をするなんて許せませんね。どこの国の通信社なんだろうか???

 当時、朝鮮人も日本国民で、国家総動員法、徴用令などで日本国民全員が徴兵、徴用、勤労奉仕、学徒動員が義務でした。これは紛れもない事実です。

 それをことさら朝鮮人だけを無理矢理引っ張ってきたような情報操作をし、日本人に贖罪意識を植え付ける共同通信社は許せません。

 共同通信社よ、日本から消えてくれ、ついでにアサピーも連れていってくれ。
posted by: Nanyasore | 電波 | 16:59 | comments(2) | trackbacks(0) |

攻撃受ける産経、擁護を受ける朝日

支那の電波はますます絶好調ですね。
マジ必死です! 嘲笑

産経: 「産経は言論暴力団」 中国誌、名指し批判
【北京=福島香織】中国外務省傘下の半月刊誌「世界知識」(16日発行)は3ページをさいて産経新聞などを名指し批判した。中国メディア上で産経が批判対象となることは珍しくないが、「言論暴力団」「保守御用喉舌(宣伝機関)」と呼ぶなど、ここまで激しい論調は珍しい。今月上旬、日中協議の席で、中国側が日本側に報道規制を求め断られた経緯があるが、当局が日本メディアの中国報道にいかに敏感になっているかがうかがえる。

 記事は中国社会科学院日本研究所の金●(●=「亡」の下に「口」、その下に「月女凡」)・助理研究員の執筆で「日本右翼メディアを解剖する」「日本右翼メディアの言論の“自由”と暴力」といった刺激的な見出しが躍る。

 まず「正論」執筆者らを名指しで列挙、「侵略戦争を否定し、靖国神社参拝を支持し、周辺隣国を誹謗(ひぼう)中傷し、平和憲法改正を訴えるのが“正論者”の最大公約数」と説明。「デタラメの論に立ち、故意に過激な言動で人の興味を引きつけようとする」と批判した。

 一方、朝日新聞については、「広範な大衆を代表する進歩的メディア」と紹介し、戦後の保守勢力台頭に断固反対する民衆と朝日新聞に対し「保守勢力は言論操作の重要性を実感した」と解説。フジサンケイグループを、保守政財界のてこ入れで生まれた「保守勢力の御用喉舌」と位置づけた。

 さらに産経新聞などを「狭隘(きょうあい)な民族主義を吹聴するだけでなく、異論を排斥する言論暴力団」と呼び、「朝日新聞や進歩的論客を長期にわたって悪意に攻撃してきた」と述べた。

 中国は最近、日本の新聞の論調に敏感で、中国外交官が「日本新聞で産経だけが首相の靖国参拝を支持している」と語るなど、当局の産経新聞に対する不満が強まっているようだ。
【2006/01/17 東京朝刊から】

 もう、おかしくて、おかしくて。
支那に誉められるアサピー ・・・「広範な大衆を代表する進歩的メディア」だって、ギャハハ、お腹痛いよぉ。

支那に暴力団扱いされる産経・・・「保守勢力の御用喉舌」だって。
 先日、日テレのズームイン朝で、支那のマスコミは、「共産党の喉と舌」って解説してたけど、その論でいくと、「保守勢力の御用喉舌」って合ってるよ。
産経新聞が保守的論調で何が悪いんだ?支那共産党の痛いところを突いてくるので、余程腹立たしいとみえる・・・笑

 結論としては、

  支那のマスコミ+アサピー → 共産党のみの喉と舌
  産経           → 数あるマスコミの中の保守勢力の御用喉舌

 ってことですかな?

 裏を返すと、日本の為になる新聞はどちらか一目瞭然じゃない。
それにしても、必死すぎて、お腹痛いです。笑
posted by: Nanyasore | 電波 | 15:34 | comments(4) | trackbacks(5) |

支那も電波発射!

日本に報道規制を要求 中国「対中批判多すぎ」
 中国外務省の崔天凱アジア局長は9日、北京での日中政府間協議で「日本のマスコミは中国のマイナス面ばかり書いている。日本政府はもっとマスコミを指導すべきだ」と述べ、日本側に中国報道についての規制を強く求めた。

 メディアを政府の監督下に置き、報道の自由を厳しく規制している中国当局者の要求に対し、日本外務省の佐々江賢一郎アジア大洋州局長らは「そんなことは無理」と説明したという。

 日本側によると、崔局長はまた、小泉純一郎首相の靖国神社参拝問題や日本国内での「中国脅威論」の高まりなども挙げ「 (日中間にあるのは)日本が起こした問題ばかり。中国は常に守りに回っている」と批判した。

 佐々江局長は「日本だけが一方的に悪いという主張は受け入れられない」と反論したが、双方の隔たりの大きさに、日本の外務省幹部は「これが日中関係の置かれている実態」と苦笑した。(共同)
(01/09 21:05)

 笑韓から笑支那へ? 支那から電波キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
マスコミを指導?、さすが統制国家、言うことがひと味違う。
民主主義国家日本と、一度も普通選挙を行ったことがない一党独裁国家支那だから、比べること自体間違っているかも。
 マスコミ規制は朝飯前だもんね、支那にとっては。
日本も違った意味でマスコミに規制(バイアス)が掛かっているから、偉そうなことは言えないが・・・。

笑い所は、「・・・中国は常に守りに回っている」でしょうか?

 支那様は少しお焦りのようですね。
裏で「アサピーよ、もっとがんばれ!」と指令しているかもしれません。

 もっと、もっと、支那の悪いところを報道してあげましょう。
日本のマスコミ(アサピーは除外)の攻勢がひょっとして外交カードになるかも・・・笑

 しかし、佐々江賢一郎アジア大洋州局長らの「そんなことは無理」発言はワロタ。
posted by: Nanyasore | 電波 | 23:54 | comments(0) | trackbacks(7) |