スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

飛行機の時間って・・・

シューマッハー、タクシー爆走 飛行機に遅れそうになり
2007年12月13日11時03分
 自動車F1の元王者ミヒャエル・シューマッハーさん(38)が「ドイツ一速いタクシー運転手」の称号を手にした。AP、ロイター通信によると、シューマッハーさんは飛行機の時間に遅れそうになりタクシー運転手に代わり運転、公道を爆走したという。

 珍事はシューマッハーさんが空港に向かう途中で起きた。乗車したタクシーの遅さにたまりかねた元王者は運転の交代を依頼。流れるようなハンドルさばきに、この運転手は「ものすごいスピードのままカーブに入るけれどスピードを感じさせない。さすがプロ」と感心した。

 シューマッハーさんは家族と自家用機でスイスの自宅からドイツに子犬を買いに来ていた。60ユーロの料金のところ、100ユーロ(約1万6000円)を支払い、タクシーを後にしたという

 自家用機にも搭乗時間があるのか・・・
 フライトプランがあるからそう遅れてはいけないんだろうけど・・・
 空港に着いたら、もう離陸しましたって言われたら笑えるけど。

 このタクシー運転手、運転してもらって、さらにシューマッハのドライビングテクニックを間近で見せてもらって、チップに40ユーロですか・・・いいなぁ、そんなのお金払ってもしてくれないよ
posted by: Nanyasore | 海外 | 12:29 | comments(0) | trackbacks(0) |

エコテロリズム禁止へ

ジュゲムがメンテの為、アクセスできませんでした・・・

IWC総会、調査捕鯨船への過激抗議活動規制決議を採択
 米アンカレジで開かれている国際捕鯨委員会(IWC)の年次総会は30日(日本時間31日)、3日目の会合で、調査捕鯨船に対する過激な抗議活動を加盟各国の国内法などで規制するよう求める決議を全会一致で採択した。

 環境保護団体の過激な抗議活動で被害を受けた日本と、ニュージーランドが共同で提案した。抗議活動の規制を求める決議の採択は初めてだ。

 米環境保護団体シー・シェパードの船が今年2月、ニュージーランド沖の南極海で、日本の調査捕鯨船に刺激性の液体や発煙筒を投げ込んで妨害し、乗組員2人を負傷させた。
調査捕鯨に対する抗議活動は、調査捕鯨船を航行不能にするなど過激化しており、IWCはこうした活動に「抗議する」とした前年の決議をさらに強め、「規制要請」へと踏み込んだ。

 決議は、自国の領海で暴力的な抗議活動をした環境保護団体の船などが寄港した場合、加盟国が国内法に基づいて船舶検査や処罰を実施することを想定している。抗議船が船籍(船の国籍)を置く加盟国についても、公海上で国際法に違反した場合に処罰するよう期待している。
 一方、日本が南極海で実施している調査捕鯨の中止を求める決議も、例年通り賛成多数で採択された。日本は反捕鯨国との対話を進める姿勢を示す狙いで、今年は反対票を投じず、投票に不参加とした。
(2007年6月1日0時41分 読売新聞)


 エコテロの内容は ここ↓
鯨類捕獲調査に対する不法なハラスメント及びテロリズム

 グリーンピースとシーシェパードによるテロ活動の内容はここに詳しい ↓
グリーンピースと動物福祉 −「環境保護団体」は南極海で人と鯨に何をしたか−石川 創(日本鯨類研究所・調査部)
 この内容からすると、グリーンピースの言うことはほとんど嘘と言うことになる(笑)
やっていることはまんま海賊と同じ・・・ひどいね

環境保護団体って、一体どこから活動資金を得ているのだろうか?
グリーンピースの幹部は豪邸に住んでいるとの噂も聞いたことがあるが・・・

素朴な疑問なのだが、日本は何故これ程までして国際捕鯨委員会(IWC)に加盟しているのだろうか? 鯨油だけを取るだけ取って絶滅の危機に瀕するようにした反捕鯨国や、捕鯨もしたことがない(周りに海がない!)政治的な加盟国を説得できるとでも思っているのか?
お人好しすぎるね。 さっさと脱退すればいいのに・・・

と、言っていると・・・
 

IWC脱退も辞さず、新機関設立も…日本政府代表が示唆
 米アンカレジで開かれていた国際捕鯨委員会(IWC)の年次総会は5月31日(日本時間6月1日)閉幕した。

 政府は、日本沿岸のミンククジラについて捕獲枠を求める提案を行っていたが、合意形成が難しいと判断して、自主的に取り下げた。

 日本政府代表の中前明・水産庁次長は総会で、「IWCは機能不全に陥っている。脱退や新機関の設立などの検討を開始せざるを得なくなる可能性がある」と指摘し、2009年の年次総会の開催都市に名乗りをあげていた横浜市の立候補も最終的に辞退した。
 日本が、IWCの年次総会で脱退を示唆する発言をしたのは初めて。水産庁では、具体的な計画があるわけではないとしており、発言については、「IWCが水産資源の持続的利用について考える契機にするための警告」(遠洋課)としている。
 日本は沿岸クジラの捕鯨枠の提案に加えて、捕鯨の文化や伝統などを認めるよう求める決議案を提出していたが、反対が相次いだため、採決する前に取り下げた。ただ、日本などが提案していた、IWCの正常化について話し合う会合については、来年6月のチリ・サンティアゴでの年次総会前に開催することで合意した。

 一方、総会は伝統的に捕鯨してきた地域住民に認めている「先住民生存捕鯨枠」の拡大をデンマークに認める決議を採択した。
(2007年6月1日11時49分 読売新聞)

 フリだけですか・・・・_| ̄|○


posted by: Nanyasore | 海外 | 11:47 | comments(1) | trackbacks(1) |

バージニアでファビョーン!

容疑者は韓国人学生 女子学生の居場所聞く 乱射事件
2007年04月17日22時44分
 米東部バージニア州ブラックスバーグにあるバージニア工科大学のキャンパス2カ所で16日午前(日本時間同日夜)、銃の発砲、乱射事件があり、大学によると学生ら32人が死亡、15人が負傷し、病院に運ばれた。2カ所目の事件の男性容疑者は自殺した。2件とも同じ銃が使われており、同一犯との見方が出ている。AP通信によると91年にテキサス州で23人が死亡した事件を上回り、犠牲者数で米史上最悪の銃撃事件となった。

 チャールズ・スティーガー学長は17日、CNNなどとのインタビューで、死亡した容疑者は大学の学生寮に住むアジア系の学生だと話した。警察当局は会見で、同大学の4年生で韓国出身のチョ・スンヒ容疑者(23)だと述べた。同容疑者は、英語を専攻し、大学内の寮に住んでいたという。

 大学の記者会見などによると、最初の事件は16日午前7時15分(日本時間午後8時15分)ごろ、キャンパス南部の学生寮「ウェスト・アンブラー・ジョンストン」4階で発生し、学生の男女2人が撃たれて死亡した。午前9時45分ごろにはキャンパス北部の教室棟「ノリス・ホール」に拳銃と大量の弾薬で武装した男が侵入。2階の教室などで発砲し、確認できただけで30人の学生・教員らが死亡、容疑者も自殺した。

 ワシントンの日本大使館は、この大学の学生や周辺に住む48人の日本人全員の無事を確認した。

 FOXニュースなどが目撃情報として伝えたところでは、2番目の事件の容疑者は教室棟の入り口を鎖で閉鎖。女子学生を並ばせて、友人の女子学生の居場所を聞き出そうとしたという。けが人の中には、窓から飛び降りた学生もいたという。現場から拳銃2丁が押収された。

 大学は最初の事件後にメールなどを通じて学生に窓から離れた屋内にとどまるよう通知。大学を担当するバージニア・テック警察や州警察などがキャンパスに展開したが、約2時間半後の事件を防げなかった。

 米連邦捜査局(FBI)は16日、「テロ行為の形跡はない」との声明を出した。

 米メディアは、最初の事件の発生でなぜ直ちに大学閉鎖の措置をとらなかったのか、大学側の責任も追及している。記者会見でスティーガー学長は「二つの事件が関連しているかどうかはわかっていない」と話した。最初の事件に絡み、警察は事情を知っている可能性があるとみて男性1人から事情を聴いている。

 米国内の学校で起きた銃撃事件としては、16人が射殺された66年のテキサス大事件や、99年にコロラド州コロンバイン高校で生徒2人が計13人を射殺した後、自殺したことがある。

 ブッシュ大統領は16日午後、ホワイトハウスで事件について声明を発表し、「学校は安全に学ぶ聖域であるべきで、その聖域が破られた時、衝撃は米国のすべての教室、すべての社会が受け止める」と話した。また、バージニア州のティモシー・ケイン知事は17日、会議出席のため東京に滞在していたが急きょ帰国の途についた。知事はAP通信に「バージニアにとって悲劇の日だ」と述べた。

 当初、上海からの中国系留学生との情報でしたが、永住権のある韓国人でした。
(アジア系と聞いて何かそんな気がしていたんです・・・)
全米最悪の銃乱射事件に韓国人の名が刻まれました。
 さて、エンコリや2ちゃんねるのハングル板ではものすごく盛り上がっている(ぉぃ)のでしょう、まだ見ていないが・・・

 被害に遭われた方にはお気の毒なのですが、少し不謹慎モードでした・・・(-_-;)

今見てきた・・・予想以上にひどい状態だ・・・やりすぎ

【追記】
 素朴な疑問・・・工科大学で英語を専攻??なんじゃそら?

posted by: Nanyasore | 海外 | 23:28 | comments(0) | trackbacks(1) |

因果はめぐる・・・エンドウ豆(笑)

朝日:南仏の漁民、「お家芸」まねグリーンピースの入港阻止
2006年08月25日10時49分
南フランスのマルセイユ港で23、24の両日、クロマグロの乱獲に警鐘を鳴らすキャンペーン中の国際環境保護団体グリーンピースの抗議船「虹の戦士2」の入港を、漁船が取り囲んで阻止する騒ぎがあった。過激な抗議活動で知られるグリーンピースの「お家芸」を漁民がそっくりまねた格好だ

 入港しようとした「虹の戦士2」を20隻以上の漁船が取り囲んで動けなくし、一部は近づいて放水した。グリーンピースは「漁民の行動は違法」と主張したが、24日午後入港をあきらめ、スペインに向かった。漁船が引きあげるまでフェリーや貨物船も入港できなくなり、旅客約1000人が港に足止めされた。

 グリーンピースは、捕鯨船への体当たりや核物質輸送船の入港封鎖など過激な抗議手法で知られる。世界的なすしブームで地中海のクロマグロが絶滅の危機にあるとして、禁漁を呼びかけていた。「虹の戦士2」は85年、仏核実験の抗議に向かう前にニュージーランドで仏工作員に爆破された「虹の戦士」の後継帆船。

漁民の行動は違法

 ここ笑うところですか??
posted by: Nanyasore | 海外 | 16:49 | comments(11) | trackbacks(0) |

どこぞの国とはえらい違いだ

旧台湾総督邸、初の一般公開…日本時代の建築保存策
 【台北=石井利尚】日本統治時代の台湾総督官邸だった重要文化財「台北賓館」が修復工事を終え、4日、地元住民に初めて一般公開された。

 今後も定期的に公開される予定。陳水扁政権は、総統府(旧総督府)など日本時代の歴史的建築物の保存と公開を進めており、今回もその一環だ。

 1901年に完成した建物はバロック様式の2階建て。1階は宴会場、2階は海外要人を迎えるゲストルームなどがある。皇太子時代の昭和天皇が23年に滞在された部屋もある。建物の裏は日本式庭園が広がる。戦後は外交部(外務省)が迎賓館などに利用してきた。

 老朽化のため、2001年から4億台湾ドル(約14億5000万円)余りの費用をかけて修復された。すぐ近くの総統府と並ぶ観光地になりそうだ。
(2006年6月5日14時53分 読売新聞)

 日本統治時代に建てられた建築物を、台湾は保存し観光地として整備し、かの国は旧朝鮮総督府の建物(国立博物館として使用していた)を1995年に取り壊した。
 同じ日本の統治を経験したにも関わらず、好対照な反応。
かの国は、白村江の戦い(663年)まで遡って日本に対する恨み、"恨(ハン)"を持っているので、話にならない。(「ホント、大概にせえよ!」と言いたい)

ところで、台北県高砂義勇隊の慰霊碑って、確か今年の2月に完成したけど、台北県政府(国民党)の横やりで、竹垣で覆われてしまって、ほとんど見えなくなってしまい、周りにあった日本の有志が建てた顕彰碑等は、みんな撤去させられたと、3月ぐらいのチャンネル桜で見て、むかついていたのですが、あれからどうなってしまったのでしょう・・・。
 あのまま、竹垣に囲まれて見えないのでしょうか・・・(TTДTT)
 民進党がんばれ!台北県を奪回して竹垣取ってくれ〜。

 台湾には一度行ってみたいな。
posted by: Nanyasore | 海外 | 17:25 | comments(5) | trackbacks(0) |

明日、大西洋にディープインパクト!?

ちょっとだけネタを。

 皆さんご存じかも知れませんが、元仏軍航空官制官Eric Julien氏が明日25日にシュヴァスマン・ヴァハマン第3彗星(Comet Schwassman-Wachmann)から分かれた隕石が大西洋に落ちると警告しています。ちと眉唾か?

   →ここ← 
(ちなみに英語です、お好みによりフランス語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、アラビア語、ポーランド語、ロシア語、ドイツ語がお選びいただけます。笑)

海底火山が爆発して、大西洋に最大200mの高さのTUNAMIが発生するとか。

P.S. 津波って、当たり前のように使われているなぁ・・・
 今や、最もポピュラーな日本語かも?・・・(って、どこに興味を示している!?)

【追記 5/25 4:05 GMT】
 グリニッジ標準時で25日になって4時間が過ぎました。
 何事もなく、平穏です。(−o−)y−゜゜゜゜゜
【追記 5/25 23:50 GMT】
 あと10分程で日付けが変わりますが、ガセだったようです。
 宇宙人に裏切られたのかな・・・笑
posted by: Nanyasore | 海外 | 14:09 | comments(1) | trackbacks(1) |

ペンタゴン突入ビデオ?

米政府、アメリカン機突入の9・11ビデオ映像公開
 【ワシントン=五十嵐文】米国防総省は16日、2001年の米同時テロで、ハイジャックされたアメリカン航空77便が国防総省の建物に突っ込んだ際のビデオ映像を初めて公開した。

 公開されたのは、国防総省の駐車場に設置されていた監視カメラが記録した約2分間の映像。機体の先端部分とみられる影が一瞬、画面上をよぎった直後、建物の南西側が巨大な火柱に包まれ、黒煙が舞い上がる様子が映っている。

 国防総省はこれまでビデオの公開を拒否しており、「テロは国防総省の自作自演」との“陰謀説”の根拠の一つともされてきた。

 同時テロへの関与で終身刑を言い渡されたモロッコ系フランス人ザカリアス・ムサウイ受刑者の裁判が終了したことから、民間団体の情報公開請求に応じた。
(2006年5月17日10時59分 読売新聞)

 このペンタゴンへ突入したボーイング757機・・・って全然破片のこってないやん!建物の崩れ方も不自然だし、直後の事故処理で現場保存するどころか、いきなり土を盛り出すし、思いっきり、あ・や・し・いと思っていたのですが、このビデオ、朝テレビ見ましたが、全然疑問を払拭していない・・・ってか、機体映ってないやん!
 下の参考サイトのフラッシュを見ると、小型機かミサイルのように見えるなぁ。
 ますます、あ・や・し・い

 陰謀説に 一票! 


【参考サイト】
 消えたボーイング旅客機

 Pentagon Strike 英語フラッシュ
posted by: Nanyasore | 海外 | 13:23 | comments(13) | trackbacks(1) |

UFOは存在せず!?

久しぶりの更新。休み中わざわざ来ていただいた方々にはゴメンナサイ。
連休は「時事ネタ」から完全に離れて、頭をリフレッシュ!?
重い話題はおいといて、軽い話題から・・・リハビリ (^^ゞ


岐阜新聞(共同配信):UFOは存在せず 英国防省が結論
 【ロンドン7日共同】英国防省が未確認飛行物体(UFO)に関する本格的な科学的研究調査を行い、空飛ぶ円盤が存在する証拠はないと結論付けた報告書を2000年に作成していたことが7日分かった。
 400ページに及ぶ報告書はこのほど機密指定が解除され、情報公開法に基づき同省のUFO関連文書を請求していた大学研究者に公開された。国防省は今月15日から、報告書を同省のウェブサイトでも公開する。
 英BBC放送によると、研究は英国内のUFOの目撃情報を4年間かけて検証。空中に現れる異常は、大気現象やその電磁的影響によるものが大きいと指摘し「自然現象以外の、何者かにコントロールされていると思われるものはなかった」と述べ「宇宙人」などの関与を否定した。

 うーん、個人的には何を今更って感じなんですが・・・。
今更って、肯定派、否定派、どっちだって?
 私は、UFOは実在すると思ってます。(確率的に、全宇宙で人類が最先端の科学技術を持っているなんて到底信じられないのがその理由。)
それに、世界各国であれだけ無数に目撃されていて、否定はできないと思います。
 何故今頃になって否定なんかするのだろう・・・何か意図でもあるのかと勘ぐってしまいます。
 Xファイルみたいに、実際にあった不可思議な事件に、架空のでっち上げ事件を混ぜて、全体的に信憑性を薄める作戦なのか?

まぁ、実在するか、実在しないかは生きている間には解明されないでしょうけどね・・・笑

たまには、荒唐無稽のSF話もよいかと・・・(^^ゞ
posted by: Nanyasore | 海外 | 10:41 | comments(2) | trackbacks(0) |