スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

日印の民主化圧力で

安倍総理のインド訪問(概要)(平成19年8月21日〜23日) より抜粋
3.国会演説「二つの海の交わり」
(1)演説内容

太平洋とインド洋という「二つの海」の交わりによって、東アジアと南アジアの融合した新しい「拡大アジア」が出現しつつある。これは、米国や豪州を巻き込み、太平洋全域にまで及ぶオープンで透明なネットワークに成長しうる。
日印両国は、基本的価値と利益を共有するアジアの二大民主主義国家として、その要をなす。
日印両国は、海洋国家としてシーレーンの安全確保に他国とともに取り組む。
インドは寛容の精神、民主主義の下での貧困克服・高い経済成長への挑戦という2つの点で世界史に貢献。この2つの点で日本も協力する用意がある。
自然との「共生」を哲学の根幹に据えてきたインドこそ、気候変動問題で先頭に立つにふさわしいとして、インドの前向きな取組を要請。
日印関係は「世界で最も可能性を秘めた二国間関係」であり、「強いインドは日本の利益、強い日本はインドの利益」であるとの認識から、日本はインドの台頭を歓迎。(上記2.に挙げられている具体的施策に言及し)インド経済発展のための支援、日印間の重層的な交流強化の姿勢を強調。
(2)反響

国会は、シン首相、アンサリ上院議長、チャタジー下院議長臨席のなか、上下両院議員によって満席であり立ち見が出るほどの盛況であった。また、アドバニ野党下院リーダー、ジャストワン・シン元外相、グジュラール元首相を始めカピル・シバル科学技術相現職閣僚多数を含む有力な政治家も顔をそろえており安倍総理のスピーチに対するインド側の高い期待が伺われた。
安倍総理のスピーチに対しては、聴衆より随所で30回以上の拍手が起こり、スピーチ終了後は聴衆が総立ちとなるスタンディングオベーションとなった。
演説後、シン首相、アドバニ野党下院リーダー、ムカジー外務大臣等より、総理演説は素晴らしい内容であったとのコメントがあった。

 インドはアジアで最大の民主主義国家であり、親日国でもあります。
今はまだ貿易額が少ないのですが、将来的には中国と肩を並べる程になるのではないかと思います。
 日本にとって、インドと中国の違いは、民主主義国家と共産党一党独裁国家、そして親日国と反日国という違いでしょうか。中国が反日国というのも民衆レベルではどうなんでしょうかね、言論の自由のない国ですから実際は・・・。 致命的なのは、やはり中国の共産党一党独裁でしょう。これがすべての元凶かと思いますね。
 民衆のあらゆる不満を「反日」という国是で、”ガス抜き”している。

共産党独裁の終焉、すなわち中国が民主化されると、東アジアの安定に計り知れない貢献をするのではないでしょうか。
インドと日本の連携は両国の発展だけでなく、また軍事的圧力を加えるのではなく、中国の民主化への圧力になってほしい、そう願っています。
インド万歳!
posted by: Nanyasore | インド | 11:40 | comments(2) | trackbacks(0) |

今年は日印交流年

ネットで調べものしていたら、たまたま知りました。

今年(2007年)はインドとの交流年だとか。
日印文化協定締結50周年にあたるので、日印交流年に設定されたとか。
また、日印観光交流年でもあるそうな。


昭和天皇崩御(昭和64年1月7日)の時、日本の服喪2日に対して、3日も喪に服してくれた国、インド。

パール(パル)判事の故国、インド。

インド国会では、会期中の場合、8月6日に広島、長崎の原爆の犠牲者に対して黙祷してくれているそうな。

【参考】 インド話題集

一度行ってみたい国の一つです。
タージマハールを見て、カレーを食っているのがオチですが・・・
posted by: Nanyasore | インド | 17:44 | comments(3) | trackbacks(0) |