スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

自民が自滅・・・

 内閣支持下落23%、総務相更迭「必要ない」65%…読売調査
読売新聞社が13〜14日に実施した緊急全国世論調査(電話方式)で、麻生内閣の支持率は22・9%となり、1週間前の前回調査(5〜7日実施)の29・5%から6・6ポイント下がった。

 不支持率は67・8%(前回61・0%)だった。鳩山邦夫・前総務相の更迭を「必要はなかった」と思う人は65%、日本郵政の西川善文社長続投に「納得できない」は67%に上った。郵政問題での首相の判断が支持されていないことが浮き彫りとなり、西川社長の責任問題が再燃する可能性もある。

 政府・与党内の混乱については「首相の指導力が不足しているからだ」と思う人は70%に達した。

 支持率は民主党の小沢一郎・前代表の公設秘書が政治資金規正法違反事件で起訴された3月末の調査以降は回復傾向にあった。今回は明確に下落に転じ、衆院選の時期など、今後の政局にも影響を与えそうだ。

 内閣を支持しない理由では「首相に指導力がない」38%(同28%)が大幅に増えて最も多く、首相の指導力には強い疑問が示された。

 日本郵政が「かんぽの宿」を一括売却しようとした手続きには「問題があった」が81%を占めた。

 郵政問題での混乱は、麻生首相や自民党への評価にも影響した。

 「麻生首相と鳩山民主党代表のどちらが首相にふさわしいか」では、鳩山氏は46%で前回44%を上回り、前回33%だった麻生氏26%との差を広げた。政党支持率は民主29・2%(前回27・7%)が自民25・0%(同28・5%)を逆転した。

 次期衆院比例選の投票先については、民主は42%(同39%)に上昇し、自民は25%(同29%)にとどまった。

 次期衆院選で民主党は政権交代を「実現できる」との答えは45%(同41%)で、「そうは思わない」44%(同49%)と同水準だった。

2009年6月15日21時33分  読売新聞)
 西川社長を辞任させる = 郵政民営化反対

この論理のすり替えがまかり通ったことが第一おかしい
鳩山大臣の言っていることは国民からすれば至極真っ当な気がするのに・・・


西川社長のネジを巻いているコイズミ元総理に反攻できない麻生タンの限界か・・・
自民終わったな・・・
もう、自民は下野するしかないようだ・・・

posted by: Nanyasore | 麻生内閣 | 01:14 | comments(28) | trackbacks(36) |

保守色を出しだしよぉ(遅いちゅーねん)

日教組追及で自民が攻勢 衆院選へ「保守」明確化へ
2009.3.10 22:04
 内閣支持率の低迷に悩む政府・自民党が、ここにきて民主党の有力支持組織である日教組批判を強め、閣僚や森喜朗、安倍晋三の両元首相をはじめとする自民党幹部から発言が相次いでいる。民主党には7人の日教組出身議員がいる が、中でも、過去に政治資金問題が国会で追及されたことがあり、党ナンバー2でもある輿石(こしいし)東(あずま)参院議員会長がターゲットとなっている。背景には、“保守色”を明確に打ち出し、日教組問題を次期衆院選の争点の一つにしたい麻生政権の狙いもありそうだ。(阿比留瑠比)

 「景気対策を断行するのは当然だが、ちゃんと保守政権としての使命を果たさないといけない。それには教育問題だ

 2月21日。ひそかに首相公邸を訪ねた安倍氏は、麻生太郎首相にこう訴えた。首相は、目に力を込めてうなずいたという。

 翌22日、青森市で講演した麻生首相は早速、民主党について「ご存じ日教組に支えられている。私どもは断固戦っていく」と語った。現職の首相が、日教組と戦うと表明したのは初めてのことだった。

 その後、政府・自民党からはせきを切ったように日教組批判が飛び出している。特に森氏は9日、日教組の政治団体、日本民主教育政治連盟の会長でもある輿石氏について「違法なカネを集めて当選してきた」と言い切った。

この森発言に対し、輿石氏は産経新聞の取材に「コメントに値しない」と黙殺の構えだが、痛いところを突かれたのは間違いない。輿石氏をめぐっては平成18年1月、輿石氏の選挙支援活動を行ってきた山梨県教職員組合(山教組)の財政部長とその政治団体、山梨県民主教育政治連盟(県政連)会長が実際に政治資金規正法違反(虚偽記載)で略式起訴され、罰金刑を受けているからだ。

 輿石氏が役員を務め、国会で「私自身の政治団体」とも述べた県政連は、15年末から16年にかけて山教組所属教員らから集めた輿石氏への選挙資金カンパ6000万円余について、産経新聞が疑惑を報じるまで政治資金収支報告書に一切記載していなかった。このうち、約3300万円が輿石氏側に寄付されていた。

 この問題について、安倍氏も10日の党所属議員のパーティーでこう指摘した。

 「かつて山教組が輿石氏に違法な献金を集めていた。(山教組は)実はそれまでもずっと同じことをやってきている。もしかしたら、そういう問題が民主党にはつきまとっているのではないか。子供たちの大切な教育を担う先生方が、そういうことをやっている

 また、輿石氏が1月の日教組の会合で「教育の政治的中立はありえない。政治から教育を変える」と述べたことも波紋を呼んだ。教育基本法や教育公務員特例法などを無視したものだと自民党の攻撃材料となり、国会では、小池正勝、山谷えり子両参院議員が輿石発言に関して質問、追及した。

 自民党有志でつくる「日教組問題究明議員連盟」(会長・森山真弓元文相)の会合では、「安全保障と教育は自民党と民主党が最も異なるところで、次期衆院選の争点となりうる」(義家弘介参院議員)との見方が主流となっている。

 自民は保守色を前面に出して戦うようで、反転攻勢に出てますね。
ミンスが政権を取ると、どういう”危うさ”があるか、自民党は国民に分かり易く説明する必要があると思います。
 安全保障、教育だけでなく、朝鮮総連を含む定住外国人に地方参政権を与えようとしている危うい政党であること(公明党も、自民党の中にもいるが)、人権委員に国籍条項が無く外国人に自宅の調査権を与える可能性がある人権擁護法を作ろうとしている政党であること(公明党も、自民党の中にもいるが)
 そう言った情報を国民に分かり易く説明するべきだと思う・・・でも、自民党の中にも賛成者がいるから、党としては前面には出せないのか・・・

 やはり、ガラガラポンで政界再編しかないと思うなぁ
posted by: Nanyasore | 麻生内閣 | 18:05 | comments(5) | trackbacks(0) |

ネットの可能性

麻生首相の著書、「とてつもない」売れ行き ネット掲示板“祭り”呼びかけで
2009.3.11 16:19
 麻生太郎首相が外務大臣時代の平成19年6月に出版した「とてつもない日本」(新潮新書)が10日、全国で爆発的に売れるという珍現象が起こった。

 これまでの発行部数は約20万部だが、支持率の低迷とともに現在はほとんど「死んだ状態」(出版関係者)だった。ところが、アマゾンの書籍ランキング(11日現在)で4位に急浮上。書籍販売動向の指標とされる紀伊国屋書店全店の売り上げも、8日には5冊だったものが、9日に224部、10日に272部と跳ね上がった。

 この背景は、ネット掲示板「2ちゃんねる」で火がついた「3月10日に本屋で麻生太郎の本を買おう!」という“祭り”。3月1日にたてられたスレッドに、呼びかけ人はこう記している。

 「麻生首相がマスコミや各所からバッシングを受け、支持率も低迷している今だからこそ著作購入を通して麻生首相支持を表明するイベントのスレです」


 「2ちゃんねる」に詳しい札幌国際大学の大月隆寛教授は「インターネットの世界には、物見高いけれど無責任、それでいて正義感も持っていた江戸の町人気質が感じられる。マスコミの激しい麻生たたきに対して、町人気質が異議を唱え、多くの賛同者を生んだと考えるべきだ」と解説する。

 一方、版元の新潮社は「ただただ困惑している」とコメントしている。

 麻生首相は同書で「日本人が考えている以上に日本は(国際的に)評価され、期待もされている。悲観していても何も始まらない。『日本の底力』をもう一度見つめ直し、未来を考えるよう」と訴えている。

 以前からこういうこと(=祭り)はありましたが、なかなか面白いですね、ネットの可能性の一端を垣間見るような出来事です。

 マスコミの激しい麻生たたきには辟易してますが、麻生タンのこの著書は既に持っているので、知っていても参加はしなかったろうけど、持っていなかったら祭りに参加していたかも(笑)

 マスコミの激しい麻生たたきに不満を持っている人達がいること自体、知ることができるのはネットの恩恵かも知れません(マスゴミはこういうことは隠蔽するので)
posted by: Nanyasore | 麻生内閣 | 17:23 | comments(2) | trackbacks(0) |

その疑問ごもっとも!

時事:調査拒絶の日本郵政を批判=旧東京中央郵便局を視察−鳩山総務相
鳩山邦夫総務相は2日、再開発に向け取り壊し作業が進む東京・丸の内の東京中央郵便局の旧局舎を視察した。重要文化財の価値があるとされる局舎は、南側の壁やひさしが壊され始め、内装もほとんどはがされていた。同相は視察後、「調査したいという文化庁の申し入れを日本郵政は拒み、調査させずにきた。そこに問題がありはしないか」と述べ、同社の対応を批判した。
 日本郵政は局舎のうち、東京駅前の広場に面した部分などの外観を残して取り壊し、地上38階建ての近代的なビルを建設する予定。既に大成建設に工事を発注しており、中止すれば違約金が発生する上、株式上場を予定する日本郵政の収益計画にも狂いが生じる。同相は「損失を出しても重要文化財を残すべきか、利益追求のみで重文級の物を壊すか、私は世論に聞いてみたい」と語った。(2009/03/02-12:22)

 鳩山さん、頑張っているね、オリックスの件といい、今回の件といい。
鳩山さんの疑問って、至極当然だと思う。
文化庁の調査を断って、工事を強行するところがどうにも解(げ)せない。
新庁舎ありきで議論がはじまっているのか、利権がからんでいるのか・・・
 郵政民営化の暗部に今、スポットライトが当てられようとしている・・・

ガンバレ鳩山さん、失脚させられないように身辺には気を付けてほしいなぁ
posted by: Nanyasore | 麻生内閣 | 15:54 | comments(3) | trackbacks(1) |

さすが、中川(酒)と書かれるだけのことはある

「中川財務相は飲酒していない」 官房長官、政府自民党協議で説明
 河村建夫官房長官は16日昼、国会内で開かれた政府自民党協議で、中川昭一財務・金融相が先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)後の記者会見でろれつが回らなくなったことについて「風邪薬を倍飲んだため、あのような事態になった。国民の皆さんが懸念を持つので、以後、こういうことのないようにしたい」と説明した。

 出席者からの「中川氏が飲酒していたのではないか」との指摘に対し、河村氏は「それはないと(中川氏)本人が言っていた」と説明した。

 これに関連し、細田博之自民党幹事長は国会内で記者団に「体の条件がいろいろとあって、疲労や寝不足などが重なったのだろう。十分に休息して、予算審議に臨んでほしい」と述べた。

 すげーー、酔っぱらい会見だったよw 久しぶりにワロタ
さすが、中川(酒)! 大物やなw

 側近も大臣の体調不良とか何とか言って、事前に記者会見をキャンセルするなり、延期するなりしろよ! 秘書官何やってんだ!

 それにしても、歴史に残る会見だなぁ〜

以後、「酔っぱらい会見」として色んな番組に引用されるだろうな
posted by: Nanyasore | 麻生内閣 | 17:25 | comments(8) | trackbacks(1) |

人事院ってとんだ伏魔殿だったとは

谷人事院総裁「ミスター渡り」の異名 メディア操作し組織防衛
 「内閣人事・行政管理局」への機能移管をめぐり、政府と徹底対立した人事院。そのトップである谷公士(まさひと)総裁は平成13年に郵政事務次官を退任後、財団法人などを渡り歩いてきた人物で、政府・与党内からは「ミスター渡り」との声も出ている。その組織防衛への執念は徹底しており、今後も法案作成過程での抵抗をにじませる。人事院が得意とするメディアや政界への説得工作術とは−。

 「私は人事院を代表し、人事院の立場に今後もご理解いただけるように努力するつもりです」

 3日朝、国会内で開かれた政府の公務員制度改革推進本部で人事院の機能移管が決まったが、谷氏は余裕の表情を見せた。

 谷氏は昭和39年に郵政省に入り、平成10〜13年に郵政事務次官を務めた。退官後は同省所管の財団法人「郵便貯金振興会」(現ゆうちょ財団)理事長へ天下りし、同時期にさらに2つの財団法人の理事長を兼任。15年6月には有料CS放送の関連会社会長となり、16年4月に人事官に就任、18年4月から人事院総裁を務めている。
長く折衝してきた甘利明行政改革担当相は「あんな不(ふ)遜(そん)な官僚は見たことがない」と憤りを隠さない。甘利氏が話をしようとしても、谷氏は「事務方と同じ見解ならば会う必要はない」と面会を度々拒否。交渉過程では、甘利氏との電話での会話を無断で録音するなど抵抗戦術を続け、「われわれを総務省や財務省などと同列にしないでほしい」と言い放ったという。

 谷氏が強気の姿勢を崩さない背景には、人事院の特殊な身分制度がある。総裁を含む人事官3人は弾劾裁判でなければ罷免されず、閣僚の意向を気にする必要はない。加えて人事官は国会同意人事なので、総裁が辞任すれば新たな人選は困難を極める。

 メディア対策も秀でている。甘利氏との直接折衝の度に、谷氏らは担当記者に入念な説明を行い、人事院側の主張を展開。3日の決定までに計5回の記者ブリーフを行ったほか、論説委員へも説明会を続けた。

 また、昭和28年以降、人事官3人のうち1人は報道機関の幹部経験者の指定ポストで毎日、朝日、読売、NHK、日経の退職幹部が歴任してきた。閣僚経験者は「報道機関が人事院を批判できるわけがない」と打ち明ける。

 谷氏は4日朝、民放情報番組への生出演を決めた。いよいよ反撃ののろしを上げたといえるのではないか。(田中靖人)

 さすが、産経! 人事官のポストが回ってこない(笑)から、こんなカラクリを見事に披露していますね。

 人事院って独立していて公明正大かと思っていたんだけど、独立機関をいいことに、とんだ伏魔殿になっていたんですね。
 こんなところに"妖怪"が住んでいたとは・・・

 これこそ、行政改革の抵抗勢力ではないか!
 また、例の政令の時のみたいに官僚に骨抜きにされないように、国民は「内閣人事・行政管理局」設立の経過を監視しないとね。

 産経も人事院からの甘い誘いに乗らないようジャーナリズム精神を発揮してほしいです。

 さて、ミンスの出方に注目しますかねぇ・・・
 
posted by: Nanyasore | 麻生内閣 | 09:31 | comments(6) | trackbacks(5) |

マスゴミに踊らされてる・・・

英語堪能な首相、オバマ大統領と通訳なしで電話会談
 麻生首相は29日午前、首相公邸でオバマ米大統領との電話会談を行い、早期に首脳会談を開催するため、日程調整を進めることで一致。政府は4月2日にロンドンで開かれる第2回「金融サミット」の前に、首脳会談を実現させたい考えだ。

 外務省によると電話会談は約10分間、通訳を介さず、英語で行われた。

 会談では首相が大統領就任に祝意を伝え、大統領は謝意を表明。米国の金融危機に端を発した世界経済の問題や「テロとの戦い」などで両国が協力し、日米同盟をさらに強化していくことで一致した。

 拉致や核開発など北朝鮮問題では首相が、解決に向けた日米両国の連携を求め、大統領も協力を約束した。気候変動やエネルギーの問題、アフリカ支援など地球規模の課題でも、日米が協力する方針を確認した。

 首相とオバマ氏との電話会談は、米大統領選後の昨年11月に続き2度目。今回は米側の要請を受けて行われた。大統領は今月20日の就任後、イスラエルのオルメルト首相ら中東の指導者4人や、英国やカナダ、ロシアなどの首脳とも電話で会談している。
(2009年1月29日11時01分 読売新聞)

 ちょっとした漢字の読み間違いで、鬼の首でも取ったかのようなマスゴミ報道にウンザリしつつ、その報道にはしゃいで調子に乗るミンス・・・そして、マスゴミの報道に影響されて、阿呆太郎とか、平気で言っている日本国民・・・(そのような街頭インタビューだけをマスゴミが選んで流しているとも考えられるが)
 施政方針演説でも揚げ足取っていたね、マスゴミさん達

通訳無しで米国大統領と話せるということは、個人的な信頼関係を築きやすいということ。これって、日本の国益にとっては重要だと思うよ。
ちょっとはバランス感覚を持って、誉めてあげれば?

 人をアホ・ボケ言ってないで、(しかも内閣総理大臣をつかまえて)もう少し日本にとって建設的な報道したらどうなのかな、特定アジアの走狗となったマスゴミさん達よ(この点については産経を除く)・・・いつまでも反政府、反日をやめて、まともな"マスコミ"になったら?

 日本国民はそんなこと求めてるとは思えないんだけどね
 
posted by: Nanyasore | 麻生内閣 | 16:09 | comments(7) | trackbacks(1) |

国会ですることか?

民主の石井副代表が首相に漢字でかみつく 参院予算委
2009.1.20 14:37
 麻生太郎首相の漢字の使用、読み方をめぐり、20日の参院予算委員会で、民主党の石井一副代表が首相にかみつく一幕があった。

 石井氏は、月刊誌「文芸春秋」の昨年11月号に掲載された首相の手記で使われた「就中(なかんずく)」など12個の漢字を並べたボードを用意し、「相当高度な漢字だ。これを隠して、どれだけ読めるかやってみたかったが、先に渡してあるから今なら読めるだろう」と首相を挑発した。

 これに対し、首相は「多分、みなさんが読みにくいのは『窶し(やつし)』ぐらいではないか。後の漢字は普通、みなさん読める」と答えたが、さらに石井氏は「もしそうなら、なぜ未曾有を「みぞうゆう」、踏襲を『ふしゅう』と言うんだ。おかしい。強弁だ」と反論した。

 景気対策や雇用問題など問題山積なのに、民主党は予算委員会で何やっているんだ?
人の揚げ足ばっかり取っていないで、国民のために議論したらどうなんだよ。
 
 クイズ番組はテレビだけで十分、高給取りが国会で遊ぶな!
 国民はそんなことを国会議員に求めていない
「生活が第一」って・・・思いっきり看板倒れじゃないか!
 空気が読めない民主党に政権なんか託せるかよ! 
posted by: Nanyasore | 麻生内閣 | 15:24 | comments(6) | trackbacks(1) |

景気が悪いのは麻生タンのせいじゃないよ

「民主に一度、政権任せてもよい」65%に増加…読売調査
 読売新聞社が6〜7日に実施した面接方式の全国世論調査によると、「民主党に一度、政権を任せてもよい」と思う人は65%で前回10月調査から7ポイント増えた。
 「そうは思わない」との答えは31%(前回比7ポイント減)に低下した。安倍内閣、福田内閣に続いて麻生内閣も“政権末期”をうかがわせる支持率急落にあえいでいることで、与野党の政権交代を容認する世論は全体の3分の2近くに広がった。


 民主党に政権を任せてもよいと思う人は、自民支持層でも前回の38%から今回は45%に増えた。公明支持層は1割強が約4割となり、与党支持層でも自公政権の限界を感じているようだ。無党派層では61%が66%に増加した。

 政権担当能力の有無を聞いたところ、自民党は「ある61%―ない35%」、民主党は「ある50%―ない43%」で、評価は自民党が上回った。ただ、前回に比べて「政権担当能力がある」は自民党は6ポイント減、民主党は4ポイント増で、その差は21ポイントからほぼ半減した。

 自民支持層で自民党に政権担当能力があると答えた人は89%で前回91%からわずかに減った。無党派層では60%が53%に落ち込んだ。

 調査は全国の有権者3000人を対象とし、1747人から回答を得た(回収率58・2%)。
(2008年12月10日03時05分 読売新聞)

 「人権擁護」に名を借りた言論弾圧法案や、総連のような反日国民に地方参政権を与える外国人地方参政権付与法案が無ければ、正直、ミンスに"お試し"で政権を渡しても良いのだが・・・参院も実質過半数を握っているので、亡国法案がサクサク通りそうで非常に危惧を感じているのが正直なところ。
 第二、第三の「村山談話」が作成されそうでこわい。

そういうリスクがあることをみんな知っているのだろうか?
安易に「政権交代=暮らしが良くなる、景気が良くなる」と短絡的に考えていないだろうか?

すぐにでも政界再編されて保守党なるものができたらなぁ・・・ 切に願うよ。
 
posted by: Nanyasore | 麻生内閣 | 15:36 | comments(5) | trackbacks(0) |