<< アサピーが日本の新聞社とは理解致しかねます | main | こんなやつらに >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

こんな事やってる暇あるの?

韓国国会が慰安婦問題めぐり決議、日本に謝罪などを要求
韓国国会は27日、いわゆる慰安婦問題をめぐり、日本政府による公式謝罪と被害者への賠償、歴史教科書への反映などを求める決議案を満場一致で採択した。問題解決を求める声が広がっているにもかかわらず、「日本政府が受け入れずにいることに深刻な憂慮を表明する」としている。

 さらに、被害者が高齢化し、健康が悪化、生存者数が急激に減少しているとして、韓国政府に、今回の決議内容を日本が履行するよう「明確な役割」を果たすよう求めた。韓国では、今年4月の総選挙前の国会でも関連決議案が提案されたが、任期満了で廃案となっていた。(共同)

 日本政府による公式謝罪・・・追軍売春婦に? ありえない、条約読め!
 被害者への賠償・・・・・・・一括支払い済みですが、何か?(ちなみに賠償金ではないが)
 歴史教科書への反映・・・・・内政干渉ですが、何か?

 もうすぐ国家破綻(債務不履行、デフォルト)しそうな経済状態なのに、性懲りも無く反日するとは・・・しかも地方議会じゃないよ
 韓国の国会議員が集まる国会での議決だからね、しかも満場一致とは(アホですか?)
韓国の国会議員は、日韓基本条約を一人も読んだことがないらしい(民度が低い確たる証拠)
 何度、世界にアホを晒せば気が済むんだろう(羞恥心がない民族・・・野蛮人か?)

 日本政府は当然スルーするでしょうけど(アホらし)
ということは・・・亀山ロウソクの株買い時ですか?
かの国で、雉とか、卵とか買い占めようかな・・・

 ていうか、日本国民を呆れさせる、捨て身の亡国デモをお・ね・が・い
 
posted by: Nanyasore | 笑韓 | 18:06 | comments(6) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 18:06 | - | - |
コメント
 
2008/10/28 3:05 PM
Posted by: ST
 特に目新しい燃料投下もないのにね。
 ノーベル賞の腹いせ?
 それとも日本からの経済援助が得られそうにないから?
 竹島答弁の時ファビョ〜ンしたいのを必死でこらえた甲斐がなかったからなぁ、無理もない(笑)。
 まあ、目前の破綻の恐怖に目をつぶるためにまずは反日、と言ったところでしょうかね、まるで万能痛み止めですねぇ。
 この万能痛み止め、依存性は非常に強いけれどいくら飲み続けても効かなくならない、便利な薬ですね。 根本治療の役には立ちませんけどね。 
 
2008/10/28 6:28 PM
Posted by: Nanyasore
STさん、ようこそ。
> 根本治療の役には立ちませんけどね。
 半万年経っても無理じゃないですか?

それにしても、国会という国政レベルでネタを提供してくれる国は、かの国をおいてありますまいw
2008/10/28 11:17 PM
Posted by: ケンジ
こんにちは

何だかもう、現実逃避と「困った時の反日頼み」みたいに感じます。

朝鮮人の中には「今、反日やってるウリ達って、やばくね?」と思っている人間もノーベル賞受賞者数くらいはいるのではないかと思いますが、ブレーキをかけられるような人間は皆無でしょうね。

言いがかりをつけるならもう少し頭使えばよかろうに、とも思います。

従軍慰安婦、竹島あたりなら、対特亜マニュアルの初めの数頁で撃破できますね。w

興味のない日本人には効くのかもしれませんが、さすがの日本人も慣れてきた、というか飽きてしまったことでしょう。w
2008/10/30 1:51 PM
Posted by: Nanyasore
ケンジさん、ようこそ。
 亀レスです

>ノーベル賞受賞者数くらいはいるのではないか
 えっ、それは金で賞を買ったといわれている某氏約1名ってことでつか?(笑)

ある程度慣れてきたんですけど、ネットにアクセスできない人達は依然として呪縛にかかっているんだと思いますよ、特にアサピー読者なんか
2008/10/30 7:21 PM
Posted by: ケンジ
こんにちは

>特にアサピー読者なんか

そうですねえ、今から思えば、新聞に書いてあると何となくそれが正しいんだ、と思っていた時期もありましたから大きなことも言えませんわ。w

時々思うのですが、人生の大半を「朝日」的な価値観で生きてきた人に「こいつら実はこうなんですよ」と説明して、果たして受け入れられるのだろうか?と。

ま、今の自分が何かに洗脳されていないことを証明できるわけでもないのですが、間違いに気づくのは早いにこしたことはありません。
2015/02/19 5:01 AM
Posted by: Brad
Thanks-a-mundo for the article post.Much thanks again. Will read on…









トラックバック
 
http://nanyasore.jugem.cc/trackback/1073