<< 日本解体への動き | main | とうとう成立か・・・ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

今日の決議は見送り

国籍法改正案:会期中は参院採決見送りで一致 自民と民主
 自民党の鈴木政二、民主党の簗瀬進両参院国対委員長は26日、国会内で会談し、未婚の日本人男性と外国人女性の間の子に対し、父親が出生後に認知すれば日本国籍の取得を認める国籍法改正案について、30日までの会期中は参院での採決を見送ることで一致した。与野党内に「偽装認知」などを懸念する声があることを踏まえ、会期延長後の来週にも、入管審査の徹底を求める付帯決議とともに成立させる方針だ。

 改正案は、6月の最高裁の違憲判決を受けて今国会に提出され、今月18日、衆院を全会一致で通過した。しかしその直前になって、自民党内の有志議員が「偽装認知を防止する手立てがない」と見直しを要求。衆院解散ムードの中、党内議論が不十分だったとも訴えた。民主党内にも同様の意見があり、両党間で協議した結果、会期末ぎりぎりの駆け込み採決を回避することにした。

 ただ、こうした改正慎重論に対して「審議は普通の党内手続きで行われた。法案を知らなかったというのは、さぼっていたのと同意語だ」(河野太郎元副法相)という指摘も出ている。【山田夢留】

 とりあえず、会期延長後の国会に持ち越されましたが、成立は必至の情勢。

 自民党稲田朋美代議士の【正論】を読んでいると、DNA鑑定導入もなかなか難しいようですね。
運用面でどれだけ厳格に審査するかに掛かっているような・・・現場に丸投げかよ!

それにしても何故そんなに改悪法案の成立を急ぐんだ・・・河野太郎氏は??
親子共々、支那の走狗に成り下がったのか?
「審議は普通の党内手続きで行われた」って言ってるけど、阿比留瑠比さんのブログの戸井田氏の発言から、多くの代議士は地元に帰されていて、その隙を突いて党内を通過したようです。狡猾な方法だね。それを踏まえての発言なら、まさに親子共々売国奴です。


【参考】
【正論】衆議院議員弁護士・稲田朋美 「国籍付与」は国会の重い課題
≪違憲判決で改正法案≫

 だれに国籍を与えるか、だれを国民として認めるかは国にとって重大な問題である。だからこそ憲法10条は国権の最高機関である国会に広い裁量を認めている。国民は平等に扱わなければならないが、それは本来国民になってからの問題で、だれを国民と認めるかは立法の裁量であり、主権の問題である。

 現在の国籍法の3条1項を最高裁は違憲とし、判決を受けて改正案が衆議院を通過し参議院で審議されている。現国籍法は、日本人の父が出生後認知した子(母親は外国人)は父母が結婚(準正)して初めて日本国籍を認め、単に父が認知しただけの場合は日本国籍を認めていない。判決はこれが憲法14条の平等の原則に違反するとした。さらに国籍法3条1項が「父母の婚姻」を要件としているところを無効とし、子に日本国籍を与えた。この判決は二重の意味で問題がある。

 まず違憲とした理由である。規定ができた昭和59年からの我が国の家族の在り方の変化は、法律を違憲とするほどの変化とはいえない。さらに単に違憲を宣言するにとどまらず、最高裁が国籍法3条1項を読み替えて、国籍を付与したことは司法権の逸脱である。民主的背景のない裁判所による事実上の立法がなされてしまったのだ。

 それでも最高裁は憲法解釈の最高権威であり、違憲立法審査権を持つ。最高裁が現在の国籍法を違憲とした以上、立法府はその判断を尊重しなければならない。しかしそのまま従うのではなく、立法府はその矜持(きょうじ)を示して最高裁の判断を尊重しつつ、さまざまな場合を想定して慎重に審議し、国籍付与を立法府の裁量としたことを意味あることとすることが求められる。

 ≪DNA鑑定は慎重に≫

 今回改正について多くの反対意見が寄せられた。ほとんどが偽装認知の横行への不安から、DNA鑑定を必須条件にせよというものだ。偽装認知は防がなければならない。だがDNA鑑定を要件とするのは、日本の家族法制度に変容をきたす恐れがないか慎重に検討しなければならない。

 昨年自民党内で民法772条の300日規定が見直されようとしたとき、私はDNA鑑定を法制度にもちこむことの危険性を主張した(昨年4月17日本欄)。民法は「親子関係=生物学的親子」という考え方をとっておらず、法的親子関係は子の安全な成長を確保するための法制度である。安易にDNA鑑定を取り入れることは、生物学的親子関係をすべてとする風潮につながりかねない。

 これに対し、国籍付与の前提としての認知にDNA鑑定を行うことは「血統主義」をとる我が国では当然であり、民法の親子関係に直接影響を与えるものではないと主張する人もいる。

 しかし仮にDNA鑑定を要件とすれば、今までなら父の認知後、父母が婚姻をして準正により当然に国籍を付与した場合にも鑑定を要件としなければ平仄(ひょうそく)が合わない。なぜなら最高裁は「父母の婚姻により嫡出子たる身分を取得するか否かは、子にとっては自らの意思や努力では変えることのできない身分行為」である。これによって区別することは憲法14条の差別としたのだから、認知しただけの非嫡出子にDNA鑑定を要件とするのなら、父母が結婚した嫡出子にも鑑定を要件としなければ再度憲法違反をいわれる恐れが大きいからだ。

 ≪血統主義にも誤解が≫ 

 しかし、父母が結婚している場合にまでDNA鑑定を要件とすることは、婚姻中に妻が懐胎した子を夫の子と推定している民法772条についても、真実の父を確定するためのDNA鑑定を持ち込まないとつじつまがあわなくなる恐れがある。

 そもそも国籍法上の「血統主義」は子の出生時に母または父が日本国籍であることを要求することである。そこにいう「父」は生物学上の父ではなく法律上の親子関係の発生した父を指す。つまり血統主義だから鑑定を義務付けるのが当然とはならない。

 むしろ国籍付与の条件としての父子関係と民法上の父子関係とは違うとして、国籍付与の場合にのみ鑑定を要件とするという考え方は、法的父子関係を複雑にし、理論上はありえても法制度として妥当とは言いがたい。

 DNA鑑定を要件とすることによる偽装の防止と、民法の家族制度のあり方への影響は慎重に検討しなければならない。衆議院の付帯決議には課題として『父子関係の科学的確認を導入することの要否、当否を検討する』との文言が入った。現時点では届け出の際認知した日本人男性との面談を義務付け、母と知り合った経過を確認するなどして運用面での偽装防止策を充実させる方途を模索すべきである。(いなだ ともみ)
posted by: Nanyasore | 憂国 | 11:06 | comments(6) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 11:06 | - | - |
コメント
 
2008/11/27 5:17 PM
Posted by: くまきち
世間には知らされない現場の深い部分まで詳細にわかる阿比留さんのブログ、
このところずーっと見てましたがこうやって紹介してもらえるとまたうれしいものですね。
それから毎度の事ながら稲田先生は問題を的確に指摘してくれますし、
理路整然としたその主張の一言一言が本当にありがたくいつも頼りにしています。
日本のゆくすえを託せるこういう方々がたくさん増えると私たちも安心できるのですが、
何しろ身内(国内、或いは自民党内)にたくさんの敵がいる状況ですから
我々一般市民もしっかりと関心を持ち監視し続けなければなりませんね。

私も気持ちだけは草の根の一人として
地道に草の根運動を続けるNanyasoreさんのブログもこれからも応援していきます。
2008/11/28 11:21 AM
Posted by: Nanyasore
くまきちさん、お久しぶりw

 阿比留瑠比さんのこと、名前からずーっと女性だと思っていたのは、私だけじゃないはずw
 この前、チャンネル桜でご尊顔を拝見して、ぶっ飛びますた(汗)
さて、前置きは置いといて、

 仰るとおり、我々国民が政治に無関心であるばっかりに、保守派はある意味、四面楚歌状態です。
 もっと政治に関心を持たなければ、一歩一歩日本が解体されていくようで、危機感を募らせています。

 最近、忙しくて全然更新できていないのが、またストレスに・・・
 何とか続けていきたいですが(内容は全くないですが(滝汗))

 また、書込お願いしますね。
2008/11/28 8:30 PM
Posted by: くまきち
男性というのは存じておりましたが・・・



今ググって初めてご尊顔を拝し、私もぶっ飛びました(汗)

言葉が持っているイメージって恐ろしいですね。
2008/11/29 1:50 PM
Posted by: ST
 DNA鑑定にも難しい問題はあるんですね、とは言えそれ以外に有効な手段はなさそうだし・・・。
 実は私、稲田さんにFAXしたんですよね、「DNA鑑定が絶対必要だ」って書いて・・・なんか空回り・・・。
2008/12/02 10:47 AM
Posted by: Nanyasore
くまきちさん、ようこそ。
 ご存じだったのですか?
 ルイさんって私には「桜○ルイ」しか頭に・・・(ぉぃ)

STさん、ようこそ。
 意外と悩ましい問題だと認識するようになりました。
 あの最高裁大法廷判決自体が国民の意識から乖離しているのではないかと思ったりもします。
 国民的感情から言えば、非嫡出子だけにDNA鑑定を課しても、合理的な差別だと思うんですけどねぇ・・・
2015/03/04 3:21 PM
Posted by: Antione
On many levels, I am more angered by the “generic commenter” than I am by the more obvious spammer. Why? you ask, at least the spammer is more open and honest with their spamming! We know who they are. The generic spammer is a con man and a fake! You can probably tell that I have strong feelings towards these type of people









トラックバック
 
http://nanyasore.jugem.cc/trackback/1078