<< 弱い○ほどよく吠える | main | 保守色を出しだしよぉ(遅いちゅーねん) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

ネットの可能性

麻生首相の著書、「とてつもない」売れ行き ネット掲示板“祭り”呼びかけで
2009.3.11 16:19
 麻生太郎首相が外務大臣時代の平成19年6月に出版した「とてつもない日本」(新潮新書)が10日、全国で爆発的に売れるという珍現象が起こった。

 これまでの発行部数は約20万部だが、支持率の低迷とともに現在はほとんど「死んだ状態」(出版関係者)だった。ところが、アマゾンの書籍ランキング(11日現在)で4位に急浮上。書籍販売動向の指標とされる紀伊国屋書店全店の売り上げも、8日には5冊だったものが、9日に224部、10日に272部と跳ね上がった。

 この背景は、ネット掲示板「2ちゃんねる」で火がついた「3月10日に本屋で麻生太郎の本を買おう!」という“祭り”。3月1日にたてられたスレッドに、呼びかけ人はこう記している。

 「麻生首相がマスコミや各所からバッシングを受け、支持率も低迷している今だからこそ著作購入を通して麻生首相支持を表明するイベントのスレです」


 「2ちゃんねる」に詳しい札幌国際大学の大月隆寛教授は「インターネットの世界には、物見高いけれど無責任、それでいて正義感も持っていた江戸の町人気質が感じられる。マスコミの激しい麻生たたきに対して、町人気質が異議を唱え、多くの賛同者を生んだと考えるべきだ」と解説する。

 一方、版元の新潮社は「ただただ困惑している」とコメントしている。

 麻生首相は同書で「日本人が考えている以上に日本は(国際的に)評価され、期待もされている。悲観していても何も始まらない。『日本の底力』をもう一度見つめ直し、未来を考えるよう」と訴えている。

 以前からこういうこと(=祭り)はありましたが、なかなか面白いですね、ネットの可能性の一端を垣間見るような出来事です。

 マスコミの激しい麻生たたきには辟易してますが、麻生タンのこの著書は既に持っているので、知っていても参加はしなかったろうけど、持っていなかったら祭りに参加していたかも(笑)

 マスコミの激しい麻生たたきに不満を持っている人達がいること自体、知ることができるのはネットの恩恵かも知れません(マスゴミはこういうことは隠蔽するので)
posted by: Nanyasore | 麻生内閣 | 17:23 | comments(2) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 17:23 | - | - |
コメント
 
2009/03/28 9:44 AM
Posted by: 福岡博多っ子
「とてつもない日本」買いました!
今までテレビに洗脳されてた自分に気付けました。

この世界恐慌のさなかに麻生さんが総理大臣って
日本には本当に「神風」が存在するとしか‥。

日本の未来は明るい!頑張ろう日本人!
    ∧_∧ 
   ( ・∀・)/ヽ
    ノ つつ ● ) にっぽん!
  ⊂、 ノ   \ノ
    し'
2015/03/09 2:27 AM
Posted by: Gustavo
On so many levels, I am more offended by the so called generic spammer” than by the blatant spammer. Why? at least the obvious spammer is completely open and honest about their intentions! I know what they are doing. The so called generic commenter is a cheat and a fake! You can probably see that I have very strong towards these type of commenters









トラックバック
 
http://nanyasore.jugem.cc/trackback/1099