<< とんでもない在日3世 | main | H2A10号打ち上げ成功 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

抵抗している議員の名前が知りたい

貸金業規制改正案、取りまとめ見送り…自民部会
 自民党の貸金業制度小委員会と金融調査会などの合同部会は7日、金融庁が提示していた貸金業規制法の改正案を議論した。

 この中で、小口・短期の融資に対する特例高金利などで8年間も高い金利を残す措置などについて意見が対立し、予定していた取りまとめを見送った。党内には特例期間を短縮する案も浮上しており、金融庁の原案が修正される公算が大きくなった。自民党は合同部会で再度検討した上で、11日に最終的な取りまとめを行う方針だ。

 金融庁の原案は、法施行3年後に出資法の上限金利(年29・2%)を利息制限法の上限金利(年15〜20%)まで引き下げ、二つの上限間のグレーゾーン(灰色)金利を廃止するのが柱だ。

 その後、暫定措置として最長5年間、小口・短期の融資に限り年28%の特例金利を認めることで、法施行後8年間、利息制限法を超える高金利が残る仕組みだ。

 この日の議論は午前、午後の計5時間にわたった。金利を一気に引き下げると貸金業者の経営に対する影響が大きいと主張する議員は「段階的に階段を下りるほうが安全だ」などと業者への配慮を求めた。

 一方で、多重債務者問題に取り組む議員からは「特例などで高金利が8年間も続くことは、実質的な灰色金利の温存だ」との声もあがった。

(2006年9月8日1時47分 読売新聞)

 これって、実質的な北朝鮮制裁法案でないの?サラ金って、ほとんど半島在日系でしょ?
こんな8年間も高利を維持する骨抜きな法案を主張する議員の名前が知りたい。
posted by: Nanyasore | 法律 | 11:45 | comments(3) | trackbacks(1) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 11:45 | - | - |
コメント
 
2006/09/08 3:58 PM
Posted by: take
8年じゃなく9年です。
しかしこんな法案よく出せたものですね。
在日金貸し・サラ金の擁護法です。
こんなん出したら選挙で自民が大負けします。
もしかしてワザとですかね?
2006/09/09 1:19 PM
Posted by:
サラ菌の経営を心配してる議員がいるそうですねw
こんな世の中の表舞台に出てきてはならない組織を株式上場させてることが異常だし、こういう連中とつるんで私腹を肥やそうとする連中が政治家役人にいるということですね。
2006/09/10 11:24 PM
Posted by: nanyasore
takeさん、ようこそ。
 9年でしたか、失礼しました。
週明けどういうことになるのか注視したいですが、こんなことを許すんだったら、安倍自民党も長くないかも。

無記名さんようこそ。
 サラ金から献金を受けている議員を晒して、ネット上で選挙で落とす運動もイイかもしれません。
 もしわかったら、私のブログでも晒しあげしますけど。









トラックバック
 
http://nanyasore.jugem.cc/trackback/651
 
2006/12/15 1:28 AM
Posted by: 消費者金融から逃れる方法
貸金業規制法の成立
貸金業規制法が12月13日の参院本会議で可決、成立した。消費者金融など貸金業に対する規制を強化し・・・