<< 注目している地裁判決 | main | 麻生タン留年? >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

ロリコン鬼畜に死刑判決

奈良の女児誘拐殺人、小林薫被告に死刑判決
 奈良市立富雄北小1年、有山楓(かえで)ちゃん(当時7歳)が2004年11月、誘拐、殺害された事件で、殺人、わいせつ目的誘拐など八つの罪に問われた毎日新聞販売所の元従業員小林薫被告(37)の判決が26日午前、奈良地裁であった。

 奥田哲也裁判長は「卑劣で残虐な犯行。矯正の可能性は極めて困難で、生命をもって償わせるほかはない」と求刑通り死刑を言い渡した。これまで被害者1人の殺人事件での死刑判決は大半が金品目的の犯行だったが、奥田裁判長は「被害者は1人とはいえ、落ち度もなく、抵抗できない幼い子どもに性的被害を加え、殺害した結果は重大」と述べた。弁護側は控訴する方針。

 奥田裁判長は、主文の言い渡しを後回しにし、犯罪事実について、検察側の主張をすべて認定した。

 動機を、わいせつ目的で誘拐したと認め、「身勝手きわまりなく酌量の余地はみじんもない」と述べ、争点の一つだった殺意の形成時期も「自室に連れ込み、風呂場で抵抗されるまでの間」とし、確定的殺意があり、とっさの殺意という弁護側主張を退けた。

 さらに、「純粋むくな女児の性格を利用した犯行は巧妙かつ冷徹で極めて執拗(しつよう)で残忍」と指弾。女児を殺害後、両親に画像をメール送信するなどの行為について、「反省しないばかりか、血も涙もない非情な犯行」と断じた。

 「無限の可能性があったが、人生を楽しむことなく7年の短期間で終えなければならなかった無念さは察するに余りある」と女児の思いにも触れ、「愛するわが子の命を理不尽な形で奪われた怒りや無念さは計り知れない」と両親の気持ちを代弁し、極刑を望む遺族感情に理解を示した。

 そのうえで、最大の焦点だった死刑適用について、最高裁が判示した死刑適用の目安である永山基準に言及。「残忍性、結果の重大性、犯行後の悪質性、被害感情の深刻さ、社会的影響を考えれば、刑事責任は極めて重大」と述べ、女児を狙った2度の前科があり、常習性が根深いとした上で矯正の可能性も否定。さらに結果を示す被害者数に触れ、「数だけをもって死刑を回避すべきではない」とした。
(2006年9月26日12時45分 読売新聞)

>無限の可能性があったが、人生を楽しむことなく7年の短期間で終えなければならなかった無念さは察するに余りある
>愛するわが子の命を理不尽な形で奪われた怒りや無念さは計り知れない
>数だけをもって死刑を回避すべきではない

 最近の重罰化傾向に沿う、遺族の心情にも適った妥当な判決だと思います。
 でも、更正など考えない終身重労働の刑の方が一生苦しめるという点では死刑より過酷なような気がしますけど、そんな刑を創設してくれないでしょうか。
 だったら、死刑を廃止してもいいと思います。
posted by: Nanyasore | 憤懣 | 14:05 | comments(2) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 14:05 | - | - |
コメント
 
2006/09/26 2:31 PM
Posted by: 名無し@コンタクトが無くなった件
殺された子も悲惨だし遺族の心情を考えれば死刑も温い気がしますが
死刑より上が無いんですよね・・・

しかし弁護士が控訴するのかな・・・
精神が(ry)とかいって無罪を主張したりして何十年も裁判して延命して税金で飯食わせて・・・
何故こうも日本は犯罪者に甘いんでしょうか
2006/09/26 6:47 PM
Posted by: Nanyasore
名無しさん、ようこそ。
 この被告、死刑になりたいらしいので、本人にとってはより辛い重労働終身刑を創設した方が過酷なんだが・・・









トラックバック
 
http://nanyasore.jugem.cc/trackback/668