<< また言論弾圧法案かよ | main | またもや在日犯罪が隠蔽されてます >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

月とスッポン

【産経抄】12月5日
なんだかんだ言ってもやっぱり野球は面白い。北京五輪出場を決めた野球日本代表の面々がきのう凱旋(がいせん)帰国したが、選手より派手なガッツポーズを決めて目立っていた星野仙一監督をはじめどの顔も晴れやかだった。

 ▼中でもいい顔をしていたのは、台湾戦でリードされた七回に代走で出場、三塁に猛スライディングして逆転勝利を呼び込んだ主将の宮本慎也選手(37)だ。その宮本主将がサンケイスポーツ(4日付)に手記を寄せ、「国と国との勝負。『戦争』のつもりで戦った」と星野ジャパンの強さの源を明かしている。

 ▼決戦前、主将はミーティングで若い選手たちにこう語りかけたという。「今まで自分のために(野球を)やっていたことが多いと思う。でも、今回ぐらいは、人のために、自分以外のためにやっていいんじゃないか」。

 ▼日の丸を背負う意義はここにある。残念ながら五輪種目としての野球は、北京五輪でひとまず終了する。だからこそ、「日本が金メダルを必ずとる」という主将の宣言はなんとも頼もしく、来年8月が待ち遠しい。

 ▼同じ北京行きでもどうかと思うのが、あす出発する民主党の大型訪中団だ。小沢一郎代表をはじめ民主党を中心とした国会議員四十数人がそろって国会を休んで北京詣でに出かけるという。おかげで本会議も開けない。

 ▼訪中が決まったときには、安倍晋三前首相の退陣によって臨時国会がここまで延びるとは想定外だったろうが、政治は生き物だ。会期中を理由に規模を縮小し小沢氏ら幹部だけが訪中しても非礼にならぬ。自民党も同じだ。 「日中友好」という呪文(じゅもん)を唱えて無意味な北京詣でにいそしむ議員のなんと多いことか。日の丸を背負う気概のない国会議員は帰ってこなくていい。 

同じ日の丸を背負うやつら・・・感動を与えるやつもいれば、職場放棄して支那のご用聞き(いや朝貢か?)に行くやつもいる
 キ○タマ握られて帰ってくるくらいなら、そのまま支那の土になってくれ、お願いだ。
posted by: Nanyasore | 愛国 | 11:52 | comments(2) | trackbacks(2) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 11:52 | - | - |
コメント
 
2007/12/08 5:19 PM
Posted by: やや右寄りのベル
>キ○タマ握られて帰ってくるくらいなら、そのまま支那の土になってくれ、お願いだ。
禿同!マスコミはダブルスタンダードをやめ「自民党なら許さないとする行動をとったら、野党でも批判する」事を示すべきですね。まあアカヒには無理な注文だけど(笑)。

もし仮に領海無視の油田開発について中国に苦言を呈してきたのであれば、国会を休んででも行っても良いが、そうでないなら「逝ってヨシ!」って感じです。

ただしNanyasoreさん、一つ間違えていますよ。民主党は日の丸を背負ってませんから(笑)。
2007/12/10 11:12 AM
Posted by: Nanyasore
やや右寄りのベルさん、ようこそ。
 
>もし仮に領海無視の油田開発について中国に苦言を呈してきたのであれば、国会を休んででも行っても良いが、そうでないなら「逝ってヨシ!」って感じです。

 ミンスにそれができるのなら、いいんだけど・・・

>ただしNanyasoreさん、一つ間違えていますよ。民主党は日の丸を背負ってませんから(笑)。

 ぐはw いゃ・・あの・・・建前上、国会議員で・・・公務員だから・・・仰るとおりです(爆)










トラックバック
 
http://nanyasore.jugem.cc/trackback/939
 
2007/12/05 1:26 PM
Posted by: 親父の威厳 毒吐き編
それゆえにミンス(藁
【産経抄】12月5日 2007.12.5 03:39  なんだかんだ言ってもやっぱり野球は面白い。北京五輪出場を決めた野球日本代表の面々がきのう凱旋(がいせん)帰国したが、選手より派手なガッツポーズを決めて目立っていた星野仙一監督をはじめどの顔も晴れやかだった。
2007/12/06 12:27 PM
Posted by: 加賀もんのブログ
【民主党】「国会より北京」議員40人の大訪中団
拙ブログ9月19日のエントリー:【民主党】千人規模大訪中団! いよいよ中国共産党傘下入りか? でもご紹介したことであるが、いよいよこれが実現する。 (参照 → 産経新聞 『民主党の大量訪中で衆参本会議中止 与党カンカン』 ) 「議員」である以上、国会での審