<< 注目している地裁判決(3) | main | 日本に何の調査に来たの? >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

反日団体筆頭株

西日本新聞:引き揚げ通し戦争理解を 同僚の手記教材に 延岡工高の松元教諭
 身近にいる旧満州からの引き揚げ者の証言などを基にした教育実践例を延岡市にある県立延岡工業高校の松元史年教諭(46)が3日、東京で開かれた日教組の教育研究全国集会の分科会で報告した。引き揚げ者の存在を知らず、休み時間になっても手記を読み続ける生徒もいるなど、教科書だけに頼らない歴史教育の1つの取り組みとして注目されそうだ。

■日教組教研集会で報告

 松元教諭の取り組みは昨春、同校の歓迎会で男性講師(68)に旧満州からの引き揚げの話を聞いたのがきっかけだった。

 終戦直前の1945年8月9日に旧ソ連軍が満州に侵攻してきた当時、6歳だった男性講師は家族と避難を始め、敗戦国民としておびえながら何とか奉天(現瀋陽)にたどり着いた。しかし、周囲では避難してきた人々が飢えや病気で次々と倒れ、男性講師自身も病気で死線をさまよった。奉天で1年近く過ごす羽目となり、引き揚げ船が出る港近くの街に向かうときには、乾パンをかみ砕くこともできなかったという。

 松元教諭はすぐに男性講師に授業への協力を依頼、原稿用紙100枚を超える手記を用意してもらって、担任する1年生のクラス(40人)にその抜粋集を配った。さらに日本軍に置き去りにされた開拓団に関するテレビの特集番組なども教材に使って生徒に教えた。

 生徒たちは戦争の悲惨さにショックを受けた。これまで自身の経験をほとんど話すことがなかった男性講師の心境に思いをはせ、「軍が住民を残して日本に帰ってきたのは許せない」「悪い思い出は簡単に話せない。昔の経験があるから今の源ちゃん(講師の愛称)がいると思う」などの感想文を寄せたという。

 沖縄戦における住民の集団自決に関する教科書記述が問題となる中、「沖縄戦に限らず今、戦争の真実はねじ曲げられようとしているのでは」と危ぐしているという松元教諭。「身近な人の話であれば子どもたちの共感が高まる。そうした証言を掘り起こす作業が歴史教育では大事だということを再認識した。今後も続けたい」としている。
=2008/02/04付 西日本新聞朝刊=

 さて、反日団体の筆頭株である日教組の洗脳教育の一端をご紹介しよう。
報告者は 県立延岡工業高校の松元史年教諭(46)

この報告者である反日教諭が、満州引揚者であった男性講師(68)から聞いた話を紹介している (そらそら伝聞伝聞w)

この男性講師、当時6才・・・今で言うところの幼稚園年長組〜小学1年生 (キタキタww)
 しかも、病気で死線をさまよって、一年近く経っても乾パンをかみ砕くこともできなかったという (ここ笑うところですか? もう苦しくってww)

 この人の手記に、日本軍が民間人を置いてきたと書いてあるのかね?
たとえ書いてあったとしても、それが6才の子供、しかも病で死線をさまようような状況の子供に"日本軍が民間人を置いてきた"、"日本に帰った"と判断できることなのかね?

 当時、武装解除された旧日本軍はハバロフスクに集められ、シベリアに送られたんだがね、軍人・軍属・民間人合わせて65万人もの男性が!! (参考wiki:シベリア抑留 )
 そりゃ、6歳児から見れば急に大人の男達が居なくなったら、自分たちを置いて先に日本に帰ったと思うかも知れないわなぁ・・(その辺りの検証はスルー??)

そして、狡猾な日教組は、何も知らない生徒にすり込みをし、下記のような感想文を書かせる
軍が住民を残して日本に帰ってきたのは許せない

 これが今なお続く左翼反日教育の実態です
右翼団体でなくても、一般人が粉砕したくなる反日団体、それが日教組!
posted by: Nanyasore | 反日日本人 | 10:54 | comments(2) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 10:54 | - | - |
コメント
 
2008/02/05 3:07 PM
Posted by: ST
「日本軍に置き去りにされた」?どういう意味でしょう、判りませんね。
「源ちゃん」が幼くして辛い体験をされた事は確かでしょうし、お気の毒に思います、しかしながら、この体験談から導かれる感想は「ソ連軍ってひどい」じゃないでしょうかね、普通は。
それが「日本軍ってひどい」という感想になるのは何らかの印象操作が行われたのは確実でしょう。
なにもことさらに日本軍を美化しなくてもいいですが、事実を捻じ曲げてまで悪く言うのは全くおかしい。
それにしてもこの教師の年齢、46歳というのがちょっと意外でした、私よりも一寸だけれど若い、こういう反日思想に凝り固まっているのはゲバ棒世代の人たちだと思っていたのですが…、私自身は理系のノンポリ、なんとなく自虐史教育は受けていましたが身体に染みるほどの事もなく、ネットのおかげで簡単に脱却できましたが、私よりも若い世代でもここまで洗脳されている人も居るんですね、それが教師をやっているというのは非常にまずいですね。
2008/02/05 6:18 PM
Posted by: Nanyasore
STさん、ようこそ。
>「日本軍に置き去りにされた」?どういう意味でしょう、判りませんね。
 6歳児の思いこみじゃないですかね(笑)

>この体験談から導かれる感想は「ソ連軍ってひどい」じゃないでしょうかね
 普通はそうなるでしょうね、実際ひどかったらしいですから。
でも左巻にかかると、特定アジアと旧ソ連の悪事は、華麗にスルーですね

 こういう輩が教師をやっている・・・これが日本にとって一番憂慮すべきことです。
 県立延岡工業高校の生徒達が一日も早くネットで事実を知って、左翼の洗脳から覚醒してほしいものです。









トラックバック
 
http://nanyasore.jugem.cc/trackback/959