<< 石破さん辞めるより改革だよ | main | これが所謂チャイナリスク >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

海の番犬=エコテロリスト

調査捕鯨妨害、海保が傷害容疑で捜査開始
 日本の調査捕鯨船「日新丸」が米国の環境保護団体の船から液体入りの瓶などを投げつけられた問題で、海上保安庁は3日、傷害容疑での捜査に乗り出した。

 日新丸が撮影したビデオ映像を分析し、実行犯の特定を急ぐ。

 これまでの妨害活動と違い、今回は海上保安官が乗船中の船が狙われ、飛び散った液体が保安官2人の目に入って負傷したため、事態を重視した。環境保護団体に船籍を与えたオランダなど関係各国に対しても捜査共助を申し入れる方針。

 海上保安庁は妨害活動を警戒した水産庁の求めに応じ、今回の調査捕鯨で初めて海上保安官を同行させていた。
(2008年3月4日01時01分 読売新聞)

 シーシェパード(海の番犬)による酪酸投げ込み事件で、2名の海上保安官が負傷しましたが、傷害容疑で捜査が開始されましたね。
 環境保護という大義名分?なら、何をしてもいいと勘違いしている所がイタイですね。
エコテロリストとはよく言ったもので、やっていることは「テロ」そのものです。

 今回は、小銃を携帯した海上保安官が乗船していたとのことで、不法に乗り込んできたら逮捕するつもりだったのでしょうか。

 日本もすべて撮影した映像をYOUTUBEか何かで全世界に配信すればいいのに。
エコテロリストの実態を世界に知ってもらういいチャンスなのになぁ


【追記】
調査捕鯨「日新丸」妨害、抗議船甲板に瓶の発射装置
 日本の調査捕鯨母船「日新丸」が米国の環境保護団体「シー・シェパード(SS)」の抗議船から酪酸入りの瓶などを投げ込まれ海上保安官ら3人がけがをした事件で、抗議船の甲板上には瓶の発射装置のようなものが取り付けられ、数個の瓶が撃ち出されていたことが海上保安庁の調べでわかった。

 外国船籍の船から公海上で発射され、船には命中していないことから、同庁は、国内法で処罰できないとしているが、負傷者が出たことを重視し、傷害や威力業務妨害の疑いで捜査に乗り出した。今後は、抗議船の船籍があるオランダなど関係各国にも捜査協力を要請する。

 同庁や水産庁所管の財団法人「日本鯨類研究所」によると、発射装置が確認されたのは日新丸に接近したシー・シェパードの抗議船の左舷側の甲板。筒状の発射装置が少なくとも1本設置され、そこから白煙が上がり、瓶が連続で発射されている場面がビデオ映像に映っていた。いずれの瓶も日新丸には届かず、海に落ちたという。

 シー・シェパードは日新丸の追跡を始めた今月2日付のホームページ(HP)で、日新丸の調査捕鯨を妨害したことを公表した。HPでは「違法な捕鯨を妨害するために、有機的な非有毒物質を使用した」などとしている。
(2008年3月4日14時32分 読売新聞)

 酪酸ってスゲー臭いぞ!蒸れた靴下、浮浪者の・・・・
非有毒物質って、おいおい目に入って負傷しているじゃないか!
しかも、酪酸には魚毒性あるぞ!
それを海に投棄するとは・・・さすが、環境保護団体! 魚に大変やさしい団体だ!
す・ば・ら・し・い環境保護活動をありがとう! 番犬くん!

 戦争反対とデモを行い、警官隊に投石するやつらと同じ根っこだね(嘲笑) 
posted by: Nanyasore | 憂国 | 12:00 | comments(10) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 12:00 | - | - |
コメント
 
2008/03/04 7:13 PM
Posted by: ST
自分達の主張の為なら他者を傷つけることを厭わない、こういう集団は嫌ですね、ヒーロー気取りのならず者だと思います。
リーダーはそれなりに尖った人物なんでしょうが、以前ノコノコ捕鯨船に乗り込んで拘束された二人組はなんかマヌケっぽかったなぁ、天麩羅が食べたいだの言ってね、鯨はダメで魚ならOKってのも何かなぁ。
こいつら日本を目の敵にしてるけれど、何故〜かやたらと鯨が網にかかる国とかレインボウリバーを海に垂れ流す国にも文句付けてんでんでしょうね、当然。
何にせよ、狩猟をスポーツとして楽しむ国に食べる為の捕鯨をどうこう言われたかぁないですね。
2008/03/05 11:10 AM
Posted by: Nanyasore
STさん、ようこそ。
 どうも日本がねらい打ちされている見たいですね。武力行使してこないからなめられているんですよ(笑)
 平和平和と叫んでいても、こういう輩が世界にいる限り、平和などこない証左になるんじゃないですかね。
どうやら武力で威嚇しないとわからない奴らのようですから。
 護衛艦が警護に付けないのかなぁと。
 
2008/03/05 12:56 PM
Posted by:
こんにちは。

この問題にも関心が集まってきたようですね。
yahooで開設しているもうひとつのブログにこの問題をupしました。

「アングロサクソンによる人種差別、白人至上主義根が根底の許すまじき行為」という主旨で書いたのですが、早速「かわいそうだからやめるべき」「鯨が減ってるからやめるべき」というレスがつきました。

事実を知ってもらうために、喧嘩腰にならないよう説得を試みていますが、レスを書いていくうちに脱力しました。

北欧に赴いた反対派が軍艦に沈められ、手向いしない日本に集中攻撃。日本はもっと強い姿勢で対応して頂きたい。
2008/03/05 2:46 PM
Posted by: Nanyasore
鴻さん、ようこそ。
 この問題、色んな観点がありますよね。
 ・レイシズム
 ・エセ環境問題
 ・狭い視野の動物愛護
  
日本人に牛肉を食べさせるために、捕鯨を許さないとか・・・

 牛や豚をバカスカ殺しといて、鯨はダメだと・・・(゚Д゚)ハァ?って感じです
 なにもシロナガス鯨を調査しているわけではなく、十分な数のいるミンク鯨を少数捕獲調査しているだけなのに、しかも国際条約を遵守しながらなのにあの反応・・・

 差別が根底にあるというのは、十分説得力があると思いますね。
2008/03/05 4:00 PM
Posted by: ST
人種差別が根底にある、指摘されるとナルホドです。
ヒーロー気取りの似非エコロジストの蛮行、それにBSEの鬱憤晴らしのスパイスがちょっぴり効いている、という程度にしか捉えていませんでしたが、差別が根底にあると考えると、SSの行動の意地の悪い感じ、高圧的な感じが頷けます、いやあマダマダですね、私は。
なにかちょっと特亜の反日に似ていませんか?、自分達は日本人より優れているはずなのに追いつけなかったり追い越されたりすることに我慢がならない、加えて日本人は大人しくて反撃に出てこないので攻撃しやすい、何か、勤勉で良く出来るが青っちょろい子供がイジめられている構図ですね、学校だとこういう場合、一発ケンカして腕力もあるぞ、ってトコを見せ付けるとイジメは収まるんですけどね。
2008/03/05 8:04 PM
Posted by: かせっち
時事通信のニュースでシー・シェパードのことを「SS」と略してましたが、なるほど元祖「SS(Schutzstaffel)」と行動が同じだわと思いました(笑)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A6%AA%E8%A1%9B%E9%9A%8A_%28%E3%83%8A%E3%83%81%E3%82%B9%29

「Sea Shepherd is SS(Schutzstaffel)!」とやってやれば「エコテロリスト」なんかよりも強烈かと思いますが(笑)
2008/03/05 9:51 PM
Posted by: 真ん中少し右
はじめまして。

彼らは所謂「環境ゴロ」です。鯨を守る気持ちなんて、これっぽっちもありません。

「環境保護活動」の名のもと多額の寄付を集めて派手な抗議活動を行い、その映像を元手に更に多くの寄付を集める。という構図です。

酪酸の瓶を投げるのも、抗議活動というよりは、金のなる木の種蒔きでもしている気分ではないでしょうか。

では、貴ブログの益々の御発展をお祈りしております。
2008/03/06 12:38 AM
Posted by: Nanyasore
STさん、ようこそ。
 特亜と似ている・・・激しく同意しますよ、ホント。

かせっちさん、ようこそ。
 親衛隊って何だか懐かしい響きw
ヒムラーとかを思い出しますw

 確かにやっていることはまんまですね。
 だけど誰の親衛隊と考えたらいいのだろう・・・裏で糸を引いているヤツって・・・

真ん中少し右さん、ようこそ。
 環境ゴロ・・・うーん、SSといい、みんなぴったりのニックネーム?だww
 金のための抗議活動、ホントその通りだと思います。
 エセ同和行為と同じようなニオイが・・・
2008/03/07 1:58 AM
Posted by: るうと
Nanyasoreさん、こんばんわ。

オーストラリアでは日本人観光客が激減しているそうですね。特に修学旅行。日本人も少しはモノを考えるようになったのでしょうか…。

2008/03/07 10:49 AM
Posted by: Nanyasore
るうとさん、ようこそ。
 残念ながら、観光客激減の主要な要因は、豪ドル高円安だと思いますよ。
 でも最近の円高で観光客が増えるんじゃないかな?
 脳天気な日本人多いから orz









トラックバック
 
http://nanyasore.jugem.cc/trackback/974